中災防・衛生工学衛生管理者免許申請  e-Gov電子申請完了

9月14日(木)、昨日郵送されてきた修了証を元に「衛生工学衛生管理者免許」の申請をすることにしました。

申請方法としては従来通り申請書を書き込み近所の労働局に出向いて本人確認を行いに神奈川県労働局に郵送するか、労働局に直接出向いて提出する方法がありますがせっかくの夏休みを仕事のために交通費まで掛けて出かけるのも勿体無いので電子申請してみることにしました。

e-Gov電子申請システム

ネットでこの免許を電子申請した人はほとんどいないようでなかなか詳しい情報がありません。

電子申請であれはPKIで本人確認できるので追加の添付書類や当局に出向いての本人確認の必要が無くなり便利です。

「様式第12号(第66条の3、第67条関係)(表面)」

こちらの様式を電子申請サイト上で記入していきます。

私は既に「第一種衛生管理者」と「移動式クレーン運転士」の免許を所持していますので追加になりますが、こちらの申請では1番の新規交付です。

新規に申請する免許の種類は51番が衛生工学です。

下段にある申請の根拠を記載する部分ですが衛生工学は講習中の試験はありますが「講習の終了」による資格で試験合格証明書が発行される免許資格ではないので「」の試験免除による申請で資格内容の()の部分は「一定資格かつ講習」を選択して修了証の発効日を記載しました。

この部分を理解するのにしばらく時間が掛かりました。

サイトやネット情報にもこの部分の背説は見つからず、選択肢を一つ筒確認しながら消去法で導きだしました。 今となっては理に適っているのですが初めて使うシステムと1度しかない申請、なかなか難しいですね。

まあ、もちろんPCの環境をe-Govが使えるように整えるのに1時間ほど既に掛かっているのですが・・・

結局3時間掛けて電子申請の送付は完了しました。

これに加えて別送として添付書類を送付しなければなりません。

  • 修了証原本
  • 現在の免許証
  • 切手を貼付した返信用の封筒

さすがに夕方になり近所の郵便局も閉店したあとでしたので翌日朝に簡易書留で郵送することにしました。

免許申請手数料1,500円は電子申請の場合1,450円となり夜には納付情報が表示されましたので早速イージーペイで支払い手続きを完了しました。

神奈川県労働局から電話

翌日0859時に見慣れない電話番号から着信が。。。

神奈川県労働局から電子申請された県でとの話が。

1,500円の印紙、修了証、免許はいつ持ってきますか?

住民票は?

などなど効かれたのでおかしいなと思いよく話を聞くと神奈川県で電子申請で免許の手続きを行うのは初めてとのことで勝手が分からずと言っていました。

手数料は1,450円を既に支払い済みであることを伝えて、必要な添付書類は今日中に簡易書留で郵送することを伝えました。 直接持ってきていただいても良いですよとのことでしたが石化う電子申請したのに意味が無いですからね。

無線局の申請で幾度と無く電子申請をしているので流れは理解しているのが良かったです。

後は返信用封筒で免許証が送付されるのを待つのみです。

一ヶ月もあれば届くのかな?

スポンサーリンク


当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする