サイバーナビ通信モジュール更新問題解決

今月末に3年間の通信契約が終了してします通信モジュールの代替案の為セドリックの時に使っていたスマホにDUNをインストールして活用する案を実験してみました。

ちなみにこちらが3年のお役目を終えす予定の通信モジュールNC-DC2

てっきりND-DC1が搭載されていると思っていましたがND-DC2でした。

ちなみに内部の銘板にはTC-D100と表記があります。

UIMカードを交換する場合は「データ通信専用通信モジュール更新用UIMカード UIM-2」が対応商品となり、モジュールごと交換の場合はND-DC1へ交換になるようですね。

ちなみにAVIC-VH0099Sに対応するBluetooth通信にはPANDUNの2種類があります。

実験の結果どちらのモードでも通信可能でしたが、有効な機能に差がありました。

それぞれの設定方法と違いを見てみましょう。

スマホ経由DUNを使用した接続

今回使用するスマホはXperia X (SO-04H)です。

BlueDUNを起動し接続要求受信待機状態で待ち受け。

更にカロッツェリア通信モジュールを抜いておきます。

[メニュー]-[システム設定]-[Bluetooth設定]-[通信接続設定情報]に移ります。

現在はカロッツェリア通信モジュールを使用していますので未設定の表示です。

[通信接続設定情報]を押下すると通信方法の選択を聴かれます。

いいえを押してUDNモードに入ります。

次に[NTT Docomo(FOMAパケット)]を選択します。

DUN接続が確立して通信を開始します。

スマートループは接続可能でしたが「フリーワード音声検索」ボタンがグレーアウトされ機能しませんでした。

スマホ経由PANを使用した接続

先ずはスマホ側のBluetoothテザリングを有効にして待ち受けます。

この画面で「はい」を押下しPANモードを選択します。

インターネット共有/テザリングと表示されPANモードである事が判ります。

メニューからスマートループ機能も一通り操作でき、マップ画面の渋滞情報更新時刻も表示されています。 勿論渋滞ボタン長押しによる渋滞情報の強制更新もOKです。

更に「フリーワード音声検索」ボタンも表示が戻り有効になりました。

結論

PAN接続を利用すればDUNアプリをインストールして接続待機する必要もなく、今ある機材で追加のコスト無しでフル機能で運用を実現できるPAN接続が最適という結果になりました。

皆様もお試しください。

しばらくこのセットアップで運用して問題があれば通信モジュールを購入するのもありと思っています。 やはりスマートループの機能は大変役に立ち、これ無しではサイバーナビである利点が薄くなりますので。

スポンサーリンク


当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする