サービスボディー製作71 ステップアルム縞板張り・床板貼り

本日のメニュー

  • 格納式ステップアルミ縞板貼り
  • 荷台防水対策
  • 床板貼り

格納式ステップアルミ縞板貼り

先日取り付けたステップですがスチール製なのでこのままの状態では2カ月後には錆びだらけに・・・

t0.9mmのアルミ縞板で養生をしてみることに。

ステップ板のサイズはD200mm x W500mmです。

今回入手したアルミ縞板は300mm x 450mmなので幅は狭いですが奥行は余るぐらいです。

先ずはフロントの端から整形して薄板なので万能ハサミで綺麗に切れました。

後ろ側も曲げてすっぽりと覆い被せる様にしました。

表側のコーナー処理です。

リベットで固定しますので一度付けたらなかなか簡単には外せないのでワックスを掛けておきました。

3.2mmで下穴も開きリベットで固定します。

ステップ面は跳ねない程度に満遍なく打ちました。

薄いのでリベット間隔が広いと擦ってプ本体との一体感が薄くなります。

当初は巻き込みせずに表面のみにする予定でしたが、角に靴底が擦れて錆が発生しては折角貼る意味が無いので曲げて包むことに。

問題なくしっかりと貼り付けできました。

荷台防水対策

こちらの対策です。

本来であればこの入隅部分にコーキングを打たなければならないのですが、内側や外側からどうやってもアプローチ出来ないので諦めて内側にコーキングを打って解決とすることに。

この方法ではパネルの合わせ部分に水が溜まりますが仕方ありません。

雨水の回り込みの酷かった左側です。

右側は左に比べるとそれほどでもありませんでしたが漏れはありましたので同様に・・・

床板貼り

本日の本題!

床板です。

1枚では足らないので2枚を組み合わせることになります。

前後で割るか左右で割るか。

検討の結果左右で割ることに。

前後では板が入りませんでした。

材料はコンクリート型枠用合板です。

防水性が高いのが特徴です。

採寸して切り出します。

右側は燃料ホールの逃がし部分がありますのでひと手間掛かります。

採寸も含めて1時間ほどで何とか形になってきました。

これはあくまで消耗品、傷んだら交換すればいいので余り神経質にならないように仕上げます。

半分完成!

と思いきや何かが当たって入りません。

原因はここでした。

干渉する部分を切り取って上手く納まりました。

反対側刻んで・・・

幅の調整が微妙でなかなか嵌りません。

4回程調整したやっと収まりましたがその頃には切り口が汚くなってしまいました。

緒時になりますが恐らくすぐに傷だらけになって2年ごとに交換になりそうな気もするので今回は気にせずOKとします。

ラッチの逃がしも切り取ってコーナーカバーを追加しました。

完成です。

左側は納得いかない部分も有りますがひとまずこれで良しとしないと電装に進めません。

スポンサーリンク


当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする