yumを利用したphpMyAdminバージョンアップ

CentOS 7でのphpMyAdminのデフォルトフォルダー:

/usr/share/phpMyAdmin

このフォルダーの中身を最新バージョンのファイルに置き換える方法もありますがせっかくなのでyumを使って自動でバージョンアップしてみます。

phpMyAdminにログインすると最新版の時にはこのように表示されていますが、適用可能なバージョンアップが存在するときにはメッセージが出ます。

yumを利用したバージョンアップ手順

新規インストールの際にリポジトリがインストールされていますので次の手順は必要ありませんが、インストールされていない場合は用意します。

# yum –enablerepo=remi -y install php70-php-mysql php70-php-mcrypt

現在のphpMyAdminのインストール情報の確認

#yum –enablerepo=remi-test info phpMyAdmin
Loaded plugins: fastestmirror, langpacks
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * epel: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * remi-php71: mirrors.mediatemple.net
 * remi-safe: mirrors.mediatemple.net
 * remi-test: mirrors.mediatemple.net
 * updates: ftp.iij.ad.jp
 * zmrepo: 67.53.78.182
Installed Packages
Name        : phpMyAdmin
Arch        : noarch
Version     : 4.8.1
Release     : 1.el7.remi
Size        : 24 M
Repo        : installed
From repo   : remi
Summary     : Web based MySQL browser written in php
URL         : https://www.phpmyadmin.net/
License     : GPLv2+ and MIT and BSD
Description : phpMyAdmin is a tool written in PHP intended to handle the
            : administration of MySQL over the Web. Currently it can create and
            : drop databases, create/drop/alter tables, delete/edit/add fields,
            : execute any SQL statement, manage keys on fields, manage
            : privileges,export data into various formats and is available in 50
            : languages

上記の情報が帰ってきます。

アップデートのコマンド

yum -y –enablerepo=remi,remi-test update phpMyAdmin

この後インストールが完了するまでしばらくかかりますがアップデート作業が完了します。

スポンサーリンク


当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする